So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

速報!! ガッチャマン大ゴケ!! 10億どころか、1億?? やばい画像!! [ガッチャマン大ゴケ!! 10億どころか、1億??]

         スポンサードリンク





    





今、人気タレント松坂桃李(24)、そして剛力彩芽(21)や綾野剛(31)ら人気若手俳優を起用した映画『ガッチャマン』(佐藤東弥監督)の興行収入がおおごけしている噂だという。

なぜ???

2000万したガッチャマンスーツ。金をかけ過ぎW


人気アニメを実写化した“鉄板”の企画だったはずだが、フタを開けてみれば公開2日間の合計興行収入は1億1,570万円。

宣伝費含めて制作費は10億円近いとみられており、大コケといわれても仕方ない悲惨な状況になっている。この失敗は、ゴリ押しといわれながらも躍進を続けてきた剛力あやめの今後にも暗い影を落としそうだ。



 8月末に全国約300スクリーンで放映されてきたが、ランキングは初登場5位前後

公開4日目にして観客数人という閑古鳥状態の映画館もあったとも報告されていて

映画専門誌のアンケート調査によると、観客層は40〜50代が半数以上。意外と年配が多く、懐かしく観ている感じかな??



制作側が若手人気キャストの起用で当て込んでいた20歳以下の若年層は、2割ほどにとどまる結果になった。

原作事態、大幅に改革された今回の作品が、人気がでない理由だと言われている。


        スポンサードリンク







たとえば、恋愛要素が多かったりとか。

ガッチャマン事態、そんなにみたいか、そうでもない。て声が多い!!

 夏休みも終わり、学生の最終興行収入も取れなくなり、興行収支も10億円に届かない可能性が濃厚になっており、純粋な興行としては赤字確実のようだ、これは、剛力や、松坂の名前にもヒビが入る。

メディアでは「2次利用で黒字になる」と指摘されております。

DVD販売や地上波放送、さらにコラボCMやタイアップ商品といった興行以外の収入で黒字化が見込まれているという。だが、業界からはこんな声も上がっている。

こうゆう作品ほど、スタートダッシュ的に、収入が入らないと厳しいと。

剛力は、来年にも『黒執事』『L・DK』と主演級の映画が控えていますし、がんばってほしいところ!

人気を出すために、、こんなネタを書いているって噂もあります!



        スポンサードリンク





この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。